ホンダッシュ!//昆虫PEG.本多真理の日記♪
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/02/28 (Tue) 国道11号線ショー歌と昆虫PEG.


DSC01562.jpg


昆虫PEG.Vol.3国道11号線ショー歌、終了しました。
観に来てくださったお客様、ありがとうございました。
関係者の方々、本当におつかれさまでした。

楽しい作品作り。
稽古場には笑いが絶えなかったです。
小屋入りしてからも。更に笑いが絶えなかったです。

そして、連日満員御礼でした。
動員が塗り替えられました。やったぁー!
大雨だったのに。本当になんといったらいいか・・・。
次回の本公演では、もっとたくさんのお客様に見ていただけるように、
努力したいと思います。おもしろいもの、めちゃ作ります!


ワンコインドーナツも楽しかったです。
オープニングとエンディングにあるダンスと
日替わり出し物はどれも好評でした。

■一日目(田渕担当)■
演目→「ドーナツ博士」 出演→田渕法明&本多真理
内容→昨年10月に行った田渕と本多のコントユニット・ドーナツ博士による新ネタ披露。
■二日目・昼(中俣担当)■
演目→「鈴木スズキ」 出演→中俣里美&本多真理
内容→「鈴木スズキ」がインタビュアーの質問にひたすら答える人物模写コント。マダム演技。
■二日目・夜(高峯担当)■
演目→「昆虫画伯」 出演→高峯雅隆&本多真理&川上七瀬&田渕法明&中俣里美
内容→高峯がお題を出し、他メンバーが描いてみる。ちなみにお題は「クリリン」。頭脳派画法の川上。やたら何でもキレイに描く中俣。シュール画法の田渕。エッシャー画法の本多。
■三日目(川上担当)■
演目→「あいまり」(映像)&「オノ・ヨウコ」(紙芝居)
出演→「あいまり」は全員。「オノ・ヨウコ」は川上七瀬&本多真理
内容→「あいまり」・・・「あいのり」のパロディ映像。
   「オノ・ヨウコ」・・・オノ・ヨウコ主演の紙芝居。川上が吉田拓郎を    歌って。本多が紙芝居。

以上な感じでした。
楽しかったです。
ちなみにワンコインは続けます。これからも、ずっと♪

本編の「国道11号線ショー歌」。
ペグ7人での初の舞台。
舞台の上ですごい楽しかったです。
舞台は良いです。たまんないぜい。
私の田舎が国道11号線沿いなんです。
自転車でよく走ってました。
自転車乗るのに、ヘルメットかぶらなきゃいけんのですよ。
田舎は。ださいし、はずかしかった。
高校の時、体育館の2階でよく「ゆず」を友達と歌ってました。
あの頃、ゆずは大ブーム。
前向きで素直な歌詞にひかれて、大好きだった。

でも、二十歳を超えてから、あのゆずの前向きで素直な
感じがつらくなった。現実、そんな前向きなこと言われても、
無理なんじゃって。とか。きれいな言葉ばかり並べてからに。とか。
現実と理想とのギャップに悩んでた私は、
ゆずが歌う言葉にいつの間にか、拒否っていました。

10代の頃は次から次へと目標があったけど、
20歳を過ぎた時点でいきなり目の前にあったはずの目標が
わからなくなっていました。これから先のこと。
進もう思っても進めずにいて。
そんな込み込みな停滞感に胸がつまりそうだった。

そんな時、深夜にラジオを付けてみました。
流れてきたのは、ゆず。
絶不調で、ぐだぐだだった私は、痛いくらいに響いてくるゆずの歌声に
涙が、どばぁーーって。
あんだけ、拒否っていたのに。
なんだか、よくわからん。
すんごい、やさしかった。

背伸びしたりしてきたけど、空まわりも何度もしてきたけど、
結局、私の原動力は「11号線」。故郷です。
11号線にいた頃、私はゆずを歌い踊り狂ってた。
あほみたいに夢いっぱいな妄想を抱き、はしゃいでた。

昆虫PEG.が7人になった。
自分の目標が最近分からなくなってた私は、目標を見つけることが出来た。
妄想もたくさんするようになった。そんでもって、それをおかずにはしゃぎ倒すことができた。昆虫PEG.万歳。
いま、まさに昆虫PEG.で頭はいっぱい。
エンジン全開で、昆虫PEG.前進です!

次回公演は本公演では無いけれど、コントツアー!!
台本執筆しなくっちゃ!
休む間もなく、次のおもろいものにレッツラゴー!!!!





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<ぼりぼり | TOP | 国道11号線ショー歌>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hondash.blog26.fc2.com/tb.php/134-33b36d5f

| TOP |

プロフィール

honda-mari

Author:honda-mari
本多真理 
Mari-Honda

関西小劇場の役者。
昆虫PEG. 主宰。
昆虫PEG.ホームページ
 
 ●生年月日●
 1982.9.28
 ●出身地●
 愛媛県川之江市
 ●血液型●
 B型
 ●特技●
 似顔絵・短距離走

 

【主な舞台経歴】

99年芝居屋坂道ストアに入団。
05年解散まで所属。


●2000年以降の芝居屋坂道ストアの全本公演出演


●昆虫PEG.全本公演出演
『原稿1.5まいル』
『日本溺愛ファンクション』
『国道11号線ショー歌』
『許すの図鑑』


●劇団☆世界一団interlude#2
『七人の小人と大事なテーブル』


●PM/飛ぶ教室
『ゴースト・オブ・ア・チャンス』


●スクエア
『ラブコメ(初演・再演)』


●ピースピット
『エドワードコントボックス』


●シャトナー研2003
『バカの松岡』
『スターウォーズ~帝国の逆襲~』

●侠的令嬢
『空想令嬢』
『明日の工場』 

●アトリエサンクス
『マントオブバタフライ』
『ハグレモノミライ』
 

●特攻舞台Baku-団
『JetBoy,Rock'nGirl!!』
『LiveMyPlace!』
『大晦日だよ!BakuDanger!』


●Dianaカンパニー
『アベサダ』


●劇団ガバメンツ
『MissNessie』
『エレクトリカル・パレード』
『田中誠行アワー』
『ROPE』
『ライト家族』
『ハイヤーズ・ハイ』

●娯楽園プロデュース5
『ハンナ・ミラーのものすごく壮大な一生』

●コメディユニット磯川家
『今宵はグッドファルス~終わらせたくない夜に~』

and more・・・

月別アーカイブ

最近の記事

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。